GUNDAM 0079◇実写特集その2。

プレイステーション用ソフトに
「GUNDAM 0079 WAR FOR EARTH」
という、かなり異色なものがある。

タイトルの通り、ファーストガンダムをモチーフにしたゲームなんだけど、何が異色かというと、これが実写なのである。


正確には、役者のみ実写(全員外国人)。
役者以外の部分、たとえば背景やモビルスーツなどはCGで再現されている。
もともと海外で作られたゲームらしいが、PS版はアニメオリジナルの声優さんがキャラクターの声を吹き替えている。ナレーションもごていねいに永井一郎だ。

だからって、それで再現度が増しているかというと、そういうことはない。
むしろギャップが大きすぎて、見るものを大混乱に陥れることさえできると言える。
そのギャップの原因は、役者の人選にあった。


たとえばファーストガンダムきっての色男、シャア・アズナブルなどはこんな具合である。


b0008123_2172032.jpg



中本工事かお前は。
こんなのが、始まって5分もしないうちに登場するのだから、全体のテイストも何となくお判りいただけると思う。

物語は、ガルマ死亡あたりまでのストーリーをアレンジしつつ展開されているが、ゲーム独自の展開もけっこうある。
たとえば主人公はアムロじゃなくプレイヤー自身だし(当然このゲームにアムロは登場しない)、そのせいか、大気圏突入前のシャアとの古今例のない戦闘で、ガンダムは片足を吹っ飛ばされたりする。

さらに、使用不可能になったガンダムの下半身を、ガンタンクのキャタピラ部分とすげ替えて運用する光景まで見ることができる。
なんかゲッター3みたいであったが。


ジャンルはアドベンチャーだが、これまたクセのあるシステムだ。
基本的に、物語は自動的に進んでいき、ある場面に差し掛かると、とつぜんコマンド選択画面が現れる。
たとえばガンダムが初めて起動するシーン。

格納庫に押し入ってきたザクを迎え撃たなければいけない、という場面でコマンド選択になる。
コントローラーの各ボタンに「ビームサーベル」とか「バルカン」とかのコマンドが割り振られ、プレイヤーは自分が正しいと思ったコマンドを、制限時間内に入力しないといけない。

ちなみに正解は常に一つだけで、違うコマンドを入力すると、たいがいの場合ガンダムがギタギタにされて即ゲームオーバー。この例の場合だと、ザクマシンガンで蜂の巣にされていた。
もちろん制限時間内に入力できない場合も、ガンダムがギッタギ(以下同)。

一つのチャプターにつき、こういう選択場面が数箇所あって、途中で死んだらそのチャプターの最初からやり直しとなる。
常識で考えてまずありえないコマンドが正解になっている場合もあり、非常にストレスのたまる仕様といえる。
ガンダムをよく知らない人に遊ばせたら、ガンダムじたいを嫌いになってしまうかもしれないポテンシャルを秘めたゲームだといえる。


あ、ちなみにブライトさんはこんな感じであった。

b0008123_21505369.jpg

[PR]
# by cat-attack | 2005-12-09 21:54 | ゲーム

漫画の実写化に弱い男。

韓国かどこかで『ドラゴンボール』が実写化されたことがあるらしい。
残念ながら実物を見たことはないけれど、検索したら画像は入手できた。

こんなだ。

b0008123_17415070.jpg

なんとも頼りない悟空。


b0008123_17422459.jpg

そして固そうな巨大ウーロン。


画像からだけでも、なんともユルそうな雰囲気がヒシヒシ伝わってくる。
あぁ、すごく観たいなこれは。
DVDとか出ないだろうか、レンタルで。


『ドラゴンボール』実写版は、上のもの以外のブツもあるらしく、なぜか子供向けの上映会で上映されたことがあるそうだ。
そのチラシはこちら。

b0008123_17432211.jpg

亀仙人が漫画そっくり。


よく見たらタイトルが『ドラゴン7(セブン)ボール』になってるな。悟空の髪型は、再現をあきらめたようで、ちょっと香取慎吾にも見える。
こっちはZのほうの実写版だろうか、これも観たいなぁ。
でもどっちかといえば、やはり上のほうのが観たい。


あとこれは実写化ではないんだけど、ある意味実写版以上の画像をご紹介。
けっこう有名な画像みたいだ、ミスターサタン。

b0008123_17562355.jpg

何から何まで同じ。

[PR]
# by cat-attack | 2005-11-23 18:01 | 映画

仕切りなおそうかどうしようか。

別館であるのをいいことに、かなり長いこと放置されているこのブログ。
いや、乳首の色は変わらないままだし、そうなるとこちらで書くこともそうそうないわけで。

いい使い道を思いついたら仕切りなおそうと考えながら数ヶ月。

ちょっと腰をすえてじっくり取り組みたい試みを見つけたので、それをここでやってみることにしようと思う。
はじめのうちは何やってるのかと思うかもしれないが、うまいこといけば面白くなると思うので、期待しないでお待ちください。

って、もはや誰も読んでないかもしれないが。


<追記@11月23日>
その試みは断念しました。
[PR]
# by cat-attack | 2005-06-01 02:10 | 雑談

久しぶりの乳首。

乳首画像が載らなくなって数週間。

中には経過を楽しみにしてくれている人もいることだろう。

いや、本当はほとんどいないとは思うが。

このままフェードアウトしようかなぁとも考えたが、

乗りかかった船でもあるので

もうしばらく続けていこうと思う。

猫パンチは男だよ。

ということで今日の具合はこちら。

b0008123_23354444.jpg


べつに塗るのをサボっていたわけじゃなくて

塗り続けてなおこの調子なのである。

1日2日でスーッと色が落ちたら

それはそれで怖いが、

1ヶ月やってみて落ちる兆しがないというのも

どんなもんかとは思う。

仕方ないから乳首とフィギュアを並べて公開することにした。

もう何のコーナーだかわからないことになっている。

今日のフィギュアはゲッター1

アニメ「ゲッターロボ」の主人公メカである。

コンビニで300円ぐらいで売っていたが、

こんな小さいのに関節がグリグリ動いて感激。

ほかに鋼鉄ジーグとかもあるらしいので、

また無駄遣いをしてみる予定。
[PR]
# by cat-attack | 2004-10-19 00:07 | 美しい乳首